バイオマスエキスポ2010
 ▼トップページ
 ▼バイオマスニュース
 ▼来場者の方
 ▼報道関係の方
 ▼出展社の方

出展社一覧 展示内容の詳細

(独)産業技術総合研究所

森林の経済価値を高め、地球温暖化防止へ! 木質バイオマスを液体燃料に。

木質系バイオマスからの液体燃料製造プラントなどの紹介を行います。エタノール製造プラントは、産総研独自のプロセス(原料→ 酵素糖化向上前処理→ 酵素糖化→ エタノール発酵→蒸留)で、1バッチ200kgの非食用バイオマスからエタノールを製造。BTL (Biomass To Liquids) ベンチプラントは、木質系バイオマスをガス化して得られた水素、一酸化炭素をもとに触媒反応で軽油などを合成します。1日16リットルの液体燃料を製造する能力を有しています。

出展社概要
経済産業省所管の独立行政法人。
所在地
広島県東広島市鏡山3-11-32
URL

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構

セルロース系バイオエタノールの持続可能な実用化を目指して。

セルロース系バイオエタノールを低コストで大規模、安定的に生産するため、エリアンサスやユーカリなどのエネルギー資源植物の栽培技術、収穫・運搬・貯蔵技術と、アンモニア処理やメカノケミカル処理などの革新的なエタノール製造技術を組み合わせたセルロース系エタノール一貫生産システムについて研究開発の取り組みを紹介します。また、展示会場ではエリアンサスやユーカリを生育状態でご覧いただけます。

出展社概要
日本最大規模の中核的な研究実施機関であり、産業技術力の強化およびエネルギー・地球環境問題の解決の2つの重要なミッションを担っています。
所在地
神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー
URL

(独)森林総合研究所

スギ材からのバイオエタノール製造技術など、木質バイオマスの利活用技術を紹介。

森林総合研究所では、アルカリ蒸解酵素糖化法によるスギ材からのバイオエタノール製造技術を開発するとともに、北秋田市に製造プラントを建設し、エタノール製造実証を行っています。また、エタノール製造時に副産物として得られるリグニンを有効利用するために、水にも油にも溶ける機能性リグニン(両親媒性リグニン)や市販接着剤の3倍の強度を示す金属用接着剤の製造に成功しています。さらに、樹木の香り成分を効率的に取り出し、消臭剤や環境汚染物質吸着剤を開発する研究を行っています。バイオマスエキスポでは、これらの木質バイオマスのエネルギーおよびマテリアル利活用技術の紹介を行います。

出展社概要
森林、林業、木材に関する総合的な試験および研究、林木の優良な種苗の生産および配布等を行うことにより、森林の保続培養を図るとともに、林業に関する技術の向上に寄与することを目的とした独立行政法人です。
所在地
茨城県つくば市松の里1
URL

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 バイオマス研究センター

最新の稲ワラのエタノール変換技術など、“農”を基盤としたバイオマス利活用・リサイクル技術を紹介。

動物廃油脂や廃パーム油などの油脂を利用できる、車載型のBDF燃料製造機の実物プラントを展示します。資源作物生産から最新の稲ワラのエタノール変換技術、高機能堆肥生産まで、“農”を基盤としたバイオマス利活用・リサイクル技術を紹介。地域振興でお悩みの自治体の方向けに、バイオマス専門家の柚山氏によるバイオマス利活用診断ツールのガイダンスも行いますので、ぜひご参加ください。

出展社概要
食料生産に関する研究に加えて、家畜排泄物、食品残渣などの廃棄物系バイオマスを利用した、メタンガスやバイオメタノール、バイオエタノールの生産技術、肥料、飼料などへの変換利用技術、油脂を原料とするバイオディーゼル燃料の製造技術のように、農業生産を基盤とした研究開発を進めています。近年では食料生産と両立したセルロース系バイオマスの変換技術に関する基礎的研究も行っています。
所在地
茨城県つくば市観音台3-1-1
URL

(独)日本貿易振興機構

環境・エネルギー分野での国際ビジネス展開をお手伝いします!

ジェトロでは、海外との間で環境・エネルギー分野に関連するビジネスに取り組まれる企業の方々向けに、「主要展示会へ我が国企業を募っての出展」「新規市場の発掘に向け、小規模商談会や視察を盛り込んだミッション派遣」「専門家派遣による省エネ診断(途上国向け)」「北米に焦点をあてたビジネスパートナー探し」「中国企業からの商談引き合い紹介」「無料のメールマガジンによる情報提供」など、多様なメニューをご用意しています。バイオマスエキスポ2010展示会場では、日本の来場者向けに環境分野に詳しいアドバイザーがジェトロのツールをご紹介するとともに、中国企業対象で「日中省エネ・環境協力相談窓口」を設置し、日本の優れた環境技術を求めるご相談をお受けします。

出展社概要
ジェトロは、70ヵ所を超える海外事務所および36ヵ所の国内貿易情報センターのネットワークを活用し、諸外国との円滑な貿易・投資の一層の拡大に向けて、中小企業等の国際ビジネス展開支援などを実施しています。
所在地
東京都港区赤坂1-12-32
URL

(社)地域資源循環技術センター

バイオマス・集落排水技術のパートナー〜資源循環技術でみなさまの地域づくりを応援します〜

農村地域に適した「メタン発酵施設」や「メタン発酵液肥の農地還元」、「木質ガス施設」に係る技術開発、「稲わら等からのバイオエタノール生産」に係る調査研究等をご紹介し、これらを活用した地域づくりの方策をご提案します。当センターは、バイオマスの実証試験や集落排水施設の開発を行う技術者集団であり、これら技術をベースに市町村や民間企業等の皆さまへ様々な支援を行っています。

出展社概要
昭和58年8月1日に(社)日本農業集落排水協会として設立。バイオマス・ニッポン総合戦略に位置付けられている循環型社会形成の観点から、有機性資源の利活用に関わる業務について積極的な展開を図るべく、平成16年7月1日に(社)地域資源循環技術センターとして再出発しました。
所在地
東京都港区新橋5-34-4
URL

(社)日本木質ペレット協会

環境に優しいクリーンなエネルギー「木質ペレット」の健全な発展を目指します。

「木質ペレット」は、再生産可能な未利用木材から作られます。そのため、大切な緑の資源である木材を無駄なく利用可能です。また、燃やす時に出る二酸化炭素は、ペレット原料が樹木として生育する際に吸収した二酸化炭素だけであり、環境に優しいクリーンなエネルギーといえます。しかも、「木質ペレット」は、木質バイオマスの中でも均質で、熱効率がよく、使いやすい優れたエネルギーです。このような木質ペレットの長所と環境への寄与、製造工程や用途などをパネルにより紹介します。

出展社概要
木質ペレットの製造業者や設備機械メーカー、燃焼機器メーカー、さらにはこれらの取扱業界をも構成員とする木質ペレット関連業界の全国的組織です。
所在地
東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル5階 木構造振興(株)内
URL

(社)日本有機資源協会

数々の展示品に触れて、今後のマテリアル利用としてのバイオマス利活用の可能性を肌で感じてください。

バイオマスからできた商品の数々を実物展示いたします。展示品として、文具品、食器類、おもちゃ、植木鉢、繊維製品、印刷用インク等、様々な用途の商品を揃えましたので、実際に手にとって触れてみていただければと思います。また、地域でのバイオマス利活用を推進するバイオマスタウン相談コーナーを設置します。バイオマスに関する相談等、気軽にお声がけいただければと思います。

出展社概要
バイオマスの有効活用に関する調査研究、普及啓発、人材育成、業務支援、国際交流等の事業を幅広く実施しています。また、バイオマスからできた商品に付与する「バイオマスマーク」の運営を行っています。バイオマスに関することは気軽にお問い合わせください。
所在地
東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館401
URL

(社)太陽経済の会

〜Save Humanity〜 石油経済から「太陽経済」へ、新しい産業革命が始まります。

「太陽経済」とは…、太陽からもたらされる膨大なエネルギーを活用して発電のみにとどまらず、様々な技術とそれを有効に利用するための新しい制度の組み合わせによって、地球を守り、人が幸せに暮らしていくことを可能にする新しい経済です。日本には素晴らしい技術があります。まず私たち日本から「太陽経済」を実現するべく、取り組んでいかなくてはなりません。私たちのこの活動を知っていただければと思います。当日はこの「太陽経済」がよくわかる書籍も販売します。

出展社概要
太陽経済実現のためのシンクタンク活動、メディア・企業・市民向けの啓蒙広報活動、会員交流・海外交流、趣旨に合致する研究・企業活動への支援などを行っています。
所在地
東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル6階
URL

(財)群馬県産業支援機構

家畜排水中のリン・窒素を短時間でかつ簡単に除去し、着色した排水を無色に変える新技術を公開。

群馬県地域結集型研究開発プログラムでは、畜産現場における家畜排せつ物や臭気等の課題を解決するため、再生可能なエネルギーとして注目されているバイオマス資源のエネルギーとしての活用、有用資源の回収、尿汚水の高度浄化、畜産臭気に対応する脱臭などの技術開発に取り組んでいます。

出展社概要
中小企業の競争力強化、地域経済の活性化に向け、創業や経営革新の促進、また新産業の創出や産学連携を推進。「群馬県地域結集型研究開発プログラム」では、中核機関として研究開発事業を推進しています。
所在地
群馬県前橋市大渡町1-10-7
URL

アクシスコンサルティング(株)・日中管理学院(株)

日中/中日管理学院:日本からマネジメントノウハウ、技術ノウハウを。中国から資金と市場を。

日本及び中国にてビジネスを行う(行おうとする)法人/協会/団体/個人が、 両国のビジネスギャップを認識し、「ビジネス意識」「ビジネススルーの統一化」「共通化」を行う機関として設立。ビジネススクールとして以下のサービス/メニューを提供する機関として、日中双方にその場を設置します。

出展社概要
人材紹介事業(日本人・外国人)、 採用コンサルティング事業、中国進出企業支援サービス事業を展開しています。
所在地
東京都千代田区猿楽町2-7-6 NE猿楽町ビル6F
URL
http://www.axc.ne.jp/(アクシスコンサルティング株式会社)

アミタグループ

持続可能社会を目指すリーディングカンパニーグループが展開する独自ノウハウを活かした森林再生事業。

日本の森林が抱える課題を背景に、アミタグループが展開する、地域資産としての森林の価値を高める様々な事業をご紹介します。事業ファンドを活用した地域の森林再生事例や、国際的な森林認証のサービス、山村再生ビジネスの支援や地域で働くコーディネーターの育成、そして、里山に牛を周年放牧することで、森を活かしながら酪農事業を行う「森林ノ牧場」の取組みなど、地域と、そこにある森林をはじめとする自然資本を活用したアミタグループ各社の事業です。「森林ノ牧場」でつくっているアイスも販売します。ぜひお立ち寄りください。

出展社概要
持続可能社会の実現を目指す、環境分野におけるリーディングカンパニーグループとして、地上資源事業、環境ソリューション事業、自然産業創出事業を展開。
所在地
東京都千代田区三番町28番地(アミタホールディングス株式会社本社)
URL

イーレップ(株)/ (株)クリーンテック

限りなくきれいなバイオディーゼル燃料と、生産性の大幅なコストダウンを提案します。

昨年11月発売開始と同時に大変好評いただいております、「エリオンクリーナー」ならびに「エリオンドライ洗浄システム」を中心に展示します。「エリオンクリーナー」は、バイオディーゼル燃料を10000Vの高電圧静電気の力で世界最高級の清浄度に浄化可能な、世界初のオンリーワン技術です。バイオディーゼル燃料の品質と安全性が大幅に改善し、車輌へのダメージを大幅に軽減します(コモンレール対応可能です)。「エリオンドライ洗浄システム」は、まったく水を使わない完全ドライ洗浄による製法で、環境にやさしく、低コストで、なおかつ生産性が2倍以上に向上されます。かつてない高品質とコストダウンの技術をぜひともご覧ください。

出展社概要
当社は主にバイオディーゼル燃料関連の、主にドライ洗浄装置/静電浄化装置を製造・販売しております。環境とコストダウンを合言葉に、お客様のお役に立てるよう提案してまいります。
所在地
大阪府守口市日光町3-4
URL

(株)エイブル

省エネ、創エネ、廃棄物削減!高負荷メタン発酵処理システム「UASB-TLP」。

エイブルの高負荷嫌気性排水処理装置「UASB-TLP」は従来のメタン発酵処理と比較して、処理能力・運転安定性・処理水水質などが大幅に改善されております。所要動力が少なく、発生するメタンガスからエネルギーを回収することも可能であり、様々な排水にメタン発酵法を適用することにより、省・創エネルギー及び廃棄物の削減を可能にします。

出展社概要
食品工業や化学工業、あるいいは従来なかった市場に至る広い分野で、様々な水処理システムを提案してまいりました。特徴ある優れた装置の研究開発にも積極的に取り組み、お客様に喜ばれるシステムを提供します。
所在地
埼玉県川越市吉田642-13
URL

(株)エコ・ソフィア/(株)アウラ

エコ・ソフィアが展開する、世界規模の環境マネージメント・コンサルティング事業を紹介。

株式会社アウラは創業来25年間にわたり、数々の素材や商品の企画・開発と社会システム全体を総合プロデュースするグランドデザインを手がけてまいりました。さらに2010年7月には、新たに環境マネージメント・コンサルティング事業に特化した株式会社エコ・ソフィアを設立。わたくしたちの確かな実績と経験に裏付けられた新たな世界規模のビジネスモデルへの挑戦にご期待ください!

出展社概要
株式会社アウラは創業来25年間にわたり、数々の素材や商品の企画・開発と社会システム全体を総合プロデュースするグランドデザインを手がけてまいりました。さらに2010年7月には、新たに環境マネージメント・コンサルティング事業に特化した株式会社エコ・ソフィアを設立し、世界規模のビジネスモデル構築を志向しています。
所在地
京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地
URL

オーストラリア クィーンズランド州政府 駐日事務所

オーストラリアにおけるバイオマス産業の最新情報をご紹介!提携先企業を探しています。

オーストラリア北東部に位置するクィーンズランド州はバイオマス原料の宝庫であり、原料輸出のみならず、広大な土地と特異な気候を活用し実証実験から商用化段階まで日本企業のニーズに幅広く対応することが可能です。また、当地では法制度が成熟しており、知的財産の保護体制も確立されています。第2世代バイオマス原料、バイオディーゼル油原料、残渣・残材、生産技術、装置、そして、政府としての取り組みを中心に展示を行います。

出展社概要
クィーンズランド州政府では自然エネルギーに積極的に取り組んでおり、同分野における投資誘致、輸出促進などを行っております。お気軽にご相談願います。
所在地
東京都港区虎ノ門 4-3-5 城山トラストタワー15F
URL
オーストラリア・クィーンズランド州におけるバイオマス産業とビジネスチャンス(仮)【18日14:00〜】
クィーンズランド州はバイオマス原料の宝庫で原料輸出のみならず、広大な土地と特異な気候を活用し実証実験から商用化段階まで日本企業のニーズに幅広く対応することが可能です。州政府としての取り組みをはじめ、各社のバイオ燃料開発、残渣・残材のプロセス、バイオマス資源のエネルギー利用、化学品への応用、研究機関の活動を中心に解説します。

(株)開成

バイオマスエネルギーを活用した「再生エネルギー利用循環型社会(農業)」の形成モデル。

弊社が推奨する『バイオマスエネルギーを活用した「再生エネルギー利用循環型社会(農業)」の形成モデル』について展示します。今まで費用を掛けて廃棄処理していた「生ごみ」や「汚泥」などの「地域資源」を活用し、新型バイオマスプラントにてバイオガスのエネルギー供給事業を提案。また弊社が取り組んでいる『環境省:国内排出削減・吸収プロジェクトにより実現された、温室効果ガス排出削減・吸収量をオフセット・クレジット(J-VER)として認証する制度』についてもご案内します。

出展社概要
雪国新潟の最北端にある村上市で事業を営んでいます。現在、「生ごみ」「下水汚泥」「温泉排湯」などの地域資源を活用し、「バイオガス」+「温泉排湯熱」をエネルギー源とした「雪国で南国果樹園」を運営。この事業は、全国でも初の試みとなる『バイオマスエネルギーを活用した「再生エネルギー利用循環型社会(農業)」として、行政と地元企業、地域住民が一体となった取組みです。そのほかに、米穀および果樹・野菜の販売や加工も行っています。
所在地
新潟県村上市宿田1198-1
URL

(株)カナガワファニチュア

バイオマス利活用技術のキーワードは「発酵」! 微生物の発酵処理技術で有機性資源の利活用を推進。

微生物の発酵作用を用いて、有機廃棄物系バイオマスや未利用バイオマスを消化消滅処理したり、燃料化、堆肥化する技術を紹介します。消化消滅処理は、微生物の異化作用を利用したもので、有機物を水とCO2に分解させ、水は発酵熱で水蒸気としてCO2とともに大気中に放出する技術です。燃料化は有機物を発酵乾燥させ非化石燃料に、堆肥化は畜ふんを他のバイオマスと一緒に発酵させ、フザリウムや白紋羽病菌等に拮抗能を持つ堆肥を生成することができます。

出展社概要
1921(大正10)年2月、東京浅草で桐箪笥の製造販売を業として発足した会社。現在は千葉県船橋市で、建設業、不動産管理業、微生物関連事業、光学機器事業を営む。年商10億3,000万円。社員40名。進取の気概に富む社風。
所在地
千葉県船橋市宮本9-11-1
URL

(株)キーストーンテクノロジー

4元系660nm赤色LEDを応用した植物工場用栽培ユニット。植物工場のコスト低減と付加価値向上に!

植物栽培用光源に最適な4元系660nm赤色LEDの独自開発に成功。それを応用して食料の安定生産と低環境負荷食料生産に貢献できる植物工場用栽培システムを開発、製品化しました。また、植物工場産野菜や加工食品の「ブランディング」「マーケティング」「販路開拓支援」などの事業も行っています。野菜のブランド作りやLED育苗トマトの委託生産にも挑戦。今回は植物工場用LED栽培ユニット「アグリ王」、LED方式小型苗生産装置「Sodatsu」、光合成補光用植物栽培LED照明器「収穫ACE」、施設園芸・室内栽培用省エネLEDランプ「トルネードACE」を出展します。

所在地
神奈川県横浜市中区太田町5-68-5 明和ビル2F
URL

(株)共立

「もったいない」から捨てないで!エコフィード(飼料)や新原料に甦ります。

回転ブレード式破袋分別機は、メタン発酵、肥・飼料化、エタノール製造等の前処理装置です。醤油、マヨネーズ、保冷材等の小さな袋の中身と包装材を分離する小袋専用機を実際に展示するほか、パネル展示では食品未利用資源の肥・飼料化(エコフィード)や新原料化、さらに、新開発の「バイオマスボイラー」、「高圧真空ハイパワー脱水機」を紹介します。

出展社概要
真空装置/蒸着装置、スパッタ装置、有機EL材製造装置等の設計、製造、販売。環境装置/分別機、乾燥システム、炭化装置等再資源化のための装置開発・設計・製造・販売及びその再資源化した生産物の販売。
所在地
神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-30 さがみはら産業創造センター2
URL

(株)グリーンエナジー

バイオエネルギーを“活用できる”「バイオマスボイラー」! あらゆるバイオエネルギーに対応できます。

木質バイオマス(チップ・バーク等)や動植物性油脂(廃油・浮上油・油脂食品等)などをバイオエネルギーとして活用し、給湯(ボイラー)、または食品汚泥などを焼却処理できる「ACEバイオマスボイラー」を紹介。この製品により、大きな経済効果とCO2削減等の環境貢献が可能となり、地域や企業における環境への取り組みを世の中に強くアピールできます。そのほか、鶏糞等の焼成プラント、焼成有機肥料も紹介。

出展社概要
私たちは、これまでのノウハウにより、バイオマスの有効活用のご提案、実施、または管理などを致します。いつもお客様の立場で環境負荷の低減とコスト削減に尽力致します。
所在地
新潟県十日町市高田町6丁目 ポートインビル6F
URL

GEAウエストファリアセパレータージャパン(株)

“分離”のプロの立場で蓄積した技術と知識、グローバルネットワークの活用で幅広い課題解決に貢献。

酵母回収用遠心分離機、研究・開発用ホモジナイザ、プレート式熱交換器などを紹介するほか、藻類の専門家 アレクサンダー・ピーク氏によるプレゼンテーションも実施します。藻類の分離に興味をお持ちの方は、ぜひともブースを訪れていただきたいと思います。

出展社概要
ドイツの遠心分離機メーカー『ウエストファリアセパレーター』の現地法人として1970年に設立。分離板型遠心分離機、デカンタをはじめ、ホモジナイザー、バターマシンなどの販売、技術相談およびアフターサービスを行っている。日本国内でも既に数千台の遠心分離機が稼働。
所在地
東京都港区芝2丁目17番11号 パーク芝ビル3階
URL
藻類の効率的な回収と処理方法について【18日13:00〜、19日14:00〜】
講演では、藻類の効率的な回収に使用される遠心分離機の原理と詳細、プロセスについて紹介します。講演者のアレクサンダー・ピークは大学卒業後、2003年ポツダムのIGV研究所で藻類抽出に関する学位論文を発表。また、ブラッセルにおける2nd Algae World Europe 2010でスピーカーを務めました。

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド

バイオガス技術で広げる持続可能な循環型社会づくり。

地球環境に配慮したバイオマスエネルギーの中でも、バイオガスは大変効率のよい、大きな可能性を秘めたエネルギーです。コーンズは、環境先進国ドイツのバイオガスシステムをいち早く日本に紹介し、その後も日本の環境に配慮したシステムを提供してまいりました。2010年10月現在で納入実績は25式となりました。本展示会ではコーンズのバイオガスへの取り組みを詳しく紹介します。

出展社概要
先進性と高品質という企業理念のもと、日本市場のニーズに適した商材の輸入・販売をしてまいりました。コーンズ・バイオガスでは、バイオガスプラントの設計、施工、メンテナンスまでトータルソリューションを提供しています。
所在地
北海道札幌市北区北6条西1-4-2
URL

(株)さいかい産業

間伐から木質ペレット製造、そして燃料消費までのバイオマスエネルギーの地産地消を目指す提案を。

ペレットストーブの実機を展示するとともに、大画面モニターにて、移動式木質ペレット実証プラントの説明動画(搬入から設置、稼働に至るまで、内容がわかるもの)を放映します。

出展社概要
木質バイオマス燃焼機器の製造・販売(ペレットストーブ、農業用大型ヒーター)、木質バイオマス燃料製造装置の開発(移動式木質ペレット実証ブラント、移動式簡易炭化炉)。
所在地
新潟県新潟市西区みずき野2-12-9
URL

佐渡低炭素島づくり協議会

生きもの共生農業の推進から低炭素島づくりの推進。

トキの餌場は多様な生きものが生息する田んぼを中心とした農村地域であることから、現在、佐渡市では、トキと共生する安心・安全な佐渡米の生産を促進するため、化学肥料の5割減栽培、無農薬栽培を推進しています。さらに、「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」の発足、生きものを育む農法を実践し、農業から生物多様性の再生と経済が循環する仕組みを構築中で、平成27年頃までに60羽のトキの定着を目指しています。この生物多様性再生と経済が循環する取り組みから、今後の低炭素の島づくりを目指した取り組みについて紹介します。

出展社概要
佐渡農業協同組合、羽茂農業協同組合、佐渡市の3者により平成21年12月26日に設立。生物多様性の再生、温室効果ガスの削減を通して持続可能な農業農村のモデル構築のため、国のモデル事業「低炭素むらづくりモデル支援事業」に取り組む。事務局は佐渡市役所生物多様性推進室。
所在地
新潟県佐渡市千種232番地 佐渡市役所 農林水産課生物多様性推進室内

三洋貿易(株)

木質ペレット用の造粒機として、世界中で使われているCPMペレットミルを、ご紹介します。

CPMペレットミルをパネルやカタログで紹介するほか、紹介アニメーションも上映します。


出展社概要
CPMペレットミル(カリフォルニアペレットミル社)を、日本国内向けに販売開始して、50年以上になります。飼料、肥料、木質ペレット等、様々な分野で数百台が稼動しており、部品供給、アフターサービス体制についても、ご好評をいただいております。
所在地
東京都千代田区神田錦町2-11
URL

Shodex/昭和電工(株)

バイオエタノールの生産過程における生成物の確認にShodexカラムをご利用くださ い。

昭和電工株式会社では、ShodexブランドとしてHPLC用カラム・機器を製造と販売しております。木質系・草木系・資源作物系からのバイオエタノール製造過程で生産されるセルロース、C6・C5糖、エタノール、リグニンの測定データをご紹介します。

所在地
東京都港区芝公園2-4-1
URL

スカニアジャパン(株)

二酸化炭素(CO2)排出量90%削減の実力。SCANIAバイオエタノールエンジン、トラック・バス。

地球温暖化対策と地域産業の振興に貢献するとされるバイオエタノール燃料。日本でも乗用車の石油系燃料の代替燃料として利用が始まっております。一方、諸外国では乗用車のみならずトラック・バスの商用車においても利用が開始され、二酸化炭素排出量低減策として期待されています。スウェーデンの路線バスでは20年の商用稼動実績のあるSCANIAバイオエタノールエンジン、トラック・バスを紹介します。

出展社概要
大型商用車(トラック・バス)に特化したスウェーデンの自動車会社です。約120年の歴史の中で常に販売台数を伸ばし、2008年には年間約8万台の車両を世に送り出しました。また環境対応にも力を注ぎ、各種バイオ燃料を使用した、温室効果ガス排出料低減のための車両を提供しています。
所在地
東京都港区芝4-4-20 グーゴルプレックスミレニアムビル 7F
URL
CO2排出量90%削減、SCANIA社バイオエタノールエンジントラック・バス【19日13:00〜】
地球温暖化対策と地域産業の振興に貢献するとされるバイオエタノール燃料。諸外国では商用車においても利用が開始され、CO2排出量低減策として期待されます。20年の商用稼動実績のあるSCANIAバイオエタノールエンジン、トラック・バスを紹介いたします。

(株)スターリングエンジン/(株)ダイエーコンサルタンツ

森林整備による間伐材のエネルギー化で家庭発電所を!! 地域の温室、公共施設への小型熱電供給を!!

バイオマスの実用型スターリングエンジン実機を出展します。「3kwスターリングエンジン本体(小型業務用、温室、植物工場等向け)」「1kwスターリングエンジンシステム全体(世界で初めてのバイオマス家庭発電所を目指す第1号機。ペレット、オガ粉を燃料として、1kwの電気と温湯を供給)」「間伐促進による森林整備、災害防止、水源の涵養効果と、エネルギーグリーン化の変革による地域の活性化、雇用増加のプログラム(各自治体、森林組合、農林業関係者への提案書)」「オーストリア ギッシング村のバイオマスエネルギーに成功した転換事例」「高効率の家庭用ガス(およびバイオマス)燃焼によるスターリングヒートポンプと地下熱利用システム」。

出展社概要
バイオマスの活用によるエネルギーの変革を目指し、スターリングエンジンと関連するバーナーの実用化技術の開発、ヒートポンプへの応用を志向。創業1997年。資本金4500万円。

地質調査、土木構造物の設計、地すべり調査、予測、対策等の防災業務。土壌、地質、水質、騒音、振動などの事前予測、評価などの環境業務。建設コンサルタント業務。(株式会社ダイエーコンサルタンツ
URL
間伐材の燃料化事業で、家庭、温室等の発電、給湯で雇用の増加を【18日15:00〜】
日本の森林整備と毎年適切な間伐、50億m2の2〜3%で得た資源で、ペレット、チップなどの燃料化事業を興し、スターリングエンジンで近い将来、地方の家庭、温室、公共施設等の発電、給湯を普及し、地方経済を活性化する提案。

第一石油販売(株)

軽油の特定加工業者として、環境やディーゼル自動車に優しいB5軽油の製造・販売でエコ活動に貢献。

地球温暖化防止・温室効果ガスの排出抑制として、バイオマス・エネルギーの1つ であるバイオディーゼル燃料(FAME)が使用されてきました。経済産業省は、バイオディーゼル燃料が安全に利用できるよう、品確法を改正し新たな混合軽油の強制規格を設けるとともに、品質の確保措置を定めました。この法改正の結果、軽油にFAMEを混合(原則として5%までと)した軽油(B5軽油)が安全にディーゼル車の燃料として使用できるようになりました。当社のB5軽油は、軽油は新日本石油もしくは昭和シェル石油製、FAMEは実績のある染谷商店グル−プのB5用のFAMEを混合し製造しております。

出展社概要
東京の墨田区に本社・工場を持つ、主に燃料油(B5を含む軽油・灯油・A重油)を関東一円にタンクローリーでパトロール給油しながら販売している会社です。
所在地
東京都墨田区東墨田1-3-19
URL

(株)耐熱性酵素研究所

バイオマス利用について、バイオマス糖化および糖利用技術についての酵素技術を紹介します。

植物性バイオマスを利用するうえで、最も重要な技術の1つとして糖化が挙げられます。糖化は多種類の酵素が関与する反応ですが、これらを最適化するためには足りない成分を補う必要があります。弊社ではそのような反応助剤としての酵素を紹介します。また、糖化によって生じた糖をエタノールだけでなく様々な物質に変換する技術が今後注目されます。弊社ではそのための酵素群を紹介させていただきます。

出展社概要
弊社は遺伝子工学をベースにお客様が満足する「酵素」を作製させていただきます。酵素そのものだけではなく利用の方法などにも対応させていただきます。酵素技術をオーダーメイドで提供する企業としてご認識ください。
所在地
兵庫県神戸市中央区港島南町5-5-2
URL

中央化工機商事(株)/秋田県立大学/秋田県産業技術総合研究センター

高糖化木質系バイオマス微粉末とその利用法について。

3社共同で開発した省エネ高衝撃粉砕設備を用いて、木質系バイオマスから高糖化微粉末を生成することができました。微粉末の生成方法を簡単に紹介するとともに、高糖化微粉末の利用分野、サンプル微粉末配布と特性について紹介します。

出展社概要
材料を高純度で粉砕する技術を保有する粉砕機メーカー。粗粉砕から微粉砕までの設備の設計・製作を行う。環境負荷、コスト低減のため、粉砕機の省エネルギー化を行っています。木質系微粉末の販売を企画中。(中央化工機商事)
所在地
東京都千代田区神田錦町3-6山城第三ビル6F
URL

中部大学

バイオマス利活用の研究事例を中心に、「持続学のすすめ」による実践型人材育成プログラムを紹介。

平成21年度文科省学生支援プログラムテーマAに採択された、中部大学発「持続学のすすめ」による実践型人材育成プログラムの中でも工学部が中心となって進めているバイオマス利活用事例を紹介します。機械工学科行本研究室では企業との共同研究を進めており、たとえば、大型培養槽を用いた藻類によるCO2固定化、バイオマス燃料およびDME(ジメチルエーテル)混合燃料による小型発電機の運転評価など、いくつかの研究成果とその教育効果を発表します。

出展社概要
中部大学は「不言実行、あてになる人材の育成」を掲げ、工学・応用生物学・生命健康科学・経営情報学・国際関係学・人文学・現代教育学を網羅する、「大学院4研究科12専攻と7学部27学科の総合大学」です。
所在地
愛知県春日井市松本町1200
URL

(株)椿本バルクシステム

「木質バイオマスのクリーンハンドリング」をコンセプトに、粉塵の立たない省エネ・ケースコンベヤを。

木質バイオマスをハンドリングする場合、ベルトコンベヤを採用され、稼動後、粉塵問題でお困りのお客様が数多くおられます。弊社では、ベルトコンベヤではなく、密閉ケース型のチェーンコンベヤを採用することで、問題を解消できることをアピールしています。また防塵というクリーンな作業環境だけではなく、省エネ・省スペースをあわせて実現することができます。

出展社概要
1917年(大正6年)創業、1936年(昭和11年)に『チェーン式ばらものコンベヤ』を初納入。以来、70年以上の長きにわたり、粉粒体ハンドリング一筋で歩んで参りました。そのノウハウを木質バイオマスハンドリング活用に提供します。
所在地
東京都千代田区内神田2-2-6(田中ビル8F)
URL

東邦貿易(株)

蓄糞や汚泥の悪臭を、酵素のパワーで強力に素早く分解し脱臭します。

農場等の臭気対策や堆肥の発酵促進に絶大な効果を発揮する、酵素発酵脱臭剤のご紹介です。アンモニアや硫化水素等の有毒ガスの発生を抑え、蓄糞、スカム、汚泥等を強力に分解し悪臭を抑えるとともに、堆肥づくりに利用すれば発酵が促進。堆肥の仕上げを早め、良質の堆肥ができます。ほかに二酸化炭素を排出しない熱伝導率に大変優れた未来型熱源もご紹介します。

出展社概要
1953年に設立し、酪農業界の近代化に対応して海外から機械器具を数多く輸入し、販売しております。また、近年では今後の酪農等を取り巻く環境悪化への改善にも取り組んでおります。
所在地
東京都目黒区中根2-13-10
URL

日本化学機械製造(株)

日本化学機械製造は、バイオマスからの新エネルギー、新素材の製品化実現に貢献します。

次のパネル6点を掲示し、商品PRを行います。「木質バイオマスからのバイオエタノール生産システム」「省エネ型バイオエタノール脱水精製装置」「水蒸気爆砕装置」「連続式マイクロ波反応装置」「エタノール脱水膜ユニット」「バイオマス資源利活用プラント」。

出展社概要
昭和13年の設立以来、つねに時代のニーズに即した製品を目指し、新技術・新製品の開発を重ねてきました。中でもアルコール蒸留技術は、国内業界のパイオニアとして目覚ましい成長発展を遂げ、70年にわたる実績を築き上げました。そして今、その歴史によって培われた経験と技術力は化学・食品・薬品・産業機械など、幅広い分野で生かされています。今後はさらに新時代に向けた技術革新を積極的に進めると同時に、新分野の開拓にも意欲的に取組み、いっそうの発展を図っていきます。
URL

日本航空

バイオ燃料での試験飛行や、当社環境への取り組みを紹介させていただきます。

バイオ燃料での試験飛行や、当社の環境への取り組みである「森林火災通報」「そらいく(パイロットが空から見た地球環境の変化と生物多様性について分かりやすくお話します)」「現在機内で放映している生物多様性に関するビデオ」などをご紹介させていただきます。

出展社概要
航空輸送事業およびこれに関連する事業等を営む会社の持ち株会社として、これらの事業会社の経営管理ならびにこれに附帯または関連する業務を行っています。
所在地
東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
URL

(株)日本計画機構

CO2フリーの水素をブルータワーが生み出します。福岡県で世界初の商用プラントの建設が始まります。

バイオマスをガス化してエネルギーに変えるブルータワーは『CO2フリーの水素』を生み出すことが可能な技術です。これまで、化石燃料を原料にしたり、大量の化石燃料からのエネルギーを使って作られていた水素を、二酸化炭素を排出しないバイオマスから生み出すことができます。このブルータワー技術の初めての商用プラントが農水省の助成金事業の1つとして、福岡県の大牟田市に建設されることになりました。世界初のCO2フリーのバイオ水素製造プラントです。ブルータワー技術では、水素だけではなく、電気や熱など、いずれもCO2を大幅に削減して作り出せます。その利用は幅広く、施設園芸など農業分野にまで適用できます。

出展社概要
日本計画機構は、バイオマスをエネルギーに変える「ブルータワー技術」を自ら保有するCO2フリーエネルギーの総合プロデュース会社です。バイオ水素製造事業など、CO2削減時代のビジネスモデルを提案します。
所在地
東京都千代田区紀尾井町3-20 紀尾井町鶴屋ビル4F
URL

バイオマス・ジャパン(株)

バイオディーゼル燃料の品質工場を実現するイオン交換樹脂ユニット「バイオクリーン」 を発表。

(1)「バイオクリーン」=バイオディーゼル燃料使用者の45%にトラブル(国土交通省調べ)との報告がありますが、これらは比重分離では取り切れない不純物が残留し、エンジントラブル等の原因となっています。バイオディーゼル用イオン交換樹脂はこれら比重分離などで完全除去の難しい不純物(グリセリン分、石鹸分、ワックス分、塩基類、水分、メタノール分)を除去し、バイオディーゼルの格段の品質向上を図ることができます。 (2)「ナノミキサー」=バイオディーゼル精製をワンパスで可能にする反応装置。(3)「MAX100プレミアム」=アルカリ廃液を出さないバイオディーゼル製造装置。

出展社概要
アルカリ廃液(汚水)を出さない小型〜大型バイオディーゼルプラントの設計・開発・販売。原料となるジャトロファ栽培から始まり、バイオディーゼル燃料製造に関わる薬剤まで、ワンストップで提供すべく取り組んでいます。
所在地
東京都北区赤羽2-51-3 NS3ビル2F
URL

(株)BDF

BDFの品質問題はこれで解決! JIS規格クリアの後付け蒸留装置の実機展示。

本年発売を開始し、ご好評をいただいている時間30L型BDF蒸留装置をスケールアップし、時間100L以上の蒸留を可能としたα-200BRの実機展示を行います。3倍以上の流量を約2倍のコンパクトボディに収めました。JIS規格の全項目クリアはもちろんのこと、1都3県ディーゼル燃料条例にある10%残油の残留炭素0.1以下もクリアできる精製能力を持っております。完全自動運転で24時間稼働も可能な当機をぜひご覧ください。

出展社概要
バイオディーゼル燃料の国内におけるパイオニアである染谷商店のバイオディーゼル燃料部門を分離独立し、平成16年より営業している。
所在地
東京都墨田区東墨田1-2-14
URL

(株)船井総合研究所

環境ビジネス・バイオマス分野に専門特化したコンサルティングサービスを提供します!

船井総合研究所が展開する、エコロジー(経済性)とエコノミー(環境性)が一致する各種バイオエネルギー事業をご紹介します。バイオマス分野において、これまで約10年間にわたり、完全循環型のビジネスモデルの追求、および数々の事業プロデュースを行ってきました。木質バイオマス、バイオディーゼル、食品リサイクルなどの最新動向や展開事例、事業化を行ううえでのポイントを説明します。また、バイオエネルギーを切り口にした企業間での事業提携・連携サポートを行います。

出展社概要
1970年創業、1988年にコンサルティング業界では世界で初めて株式上場を達成。現在、約550名のコンサルタントが製造業、建設業、サービス業、行政関連、環境・産廃・エネルギー関連など、70を超える業種・テーマに専門分野を持つ、専門家企業集団です。
所在地
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
URL
バイオ燃料ビジネスで収益を上げるビジネスモデルとその作り方【19日15:00〜】
船井総合研究所では、数多くあるバイオ燃料の中でも、日本のバイオ燃料として一般化している、また、今注目されているバイオ燃料ビジネスで成功するためのポイントを紹介します。バイオ燃料をテーマに地域主導で進められる、将来性のあるビジネスモデルについても解説します。

マイクロジェン・エンジン・コーポレーション

バイオマス発電に欠かせない、燃料を選ばないコンパクトな量産型スターリングエンジン1kw型を初公開!

現在、量産中のスターリングエンジン1kw型を出品展示します。エンジン搭載に向け提携企業を探しています。スターリング機関(クーラー)として動作実演しますので、その良さを実感していただけます。スターリングエンジンの生産状況なども写真を交えて紹介。また、今年5月に欧州で販売開始をしたスターリングエンジン搭載型ボイラー(コジェネレーション)を国内で初めて出品展示します。ボイラーを改良することで、色んなガス(バイオガス、温泉付随ガスなど)で作動させることが可能な画期的なシステムです。

出展社概要
オランダに本社を置き、英国に技術センター、中国に製造工場を持つスターリングエンジン製造会社です。1995年英国のガス会社の下で開発をスタートし、2007年欧州各国の大手ボイラーメーカーの出資を受け、エンジン製造供給会社としてスタート、2010年5月には欧州においてコジェネレーションシステムボイラーを販売開始しました。
所在地
新潟県燕市吉田西太田2084-2 ツインバード工業株式会社内 MEC
URL

三菱化工機(株)

日本初のバイオガス技術によるPFI生ごみ中間処理施設整備・運営事業に参画。

三菱化工機は、地球環境改善に貢献する3つの技術および付帯製品を出展します。「三菱バイオガスシステム…生ゴミ、畜産廃棄物などからメタンガスを回収し、利活用するシステム」「液体燃料化プラント…植物油精製プラント建設実績を活かした、品質・コストともに軽油代替となるBDF製造装置」「三菱汚泥燃料化システム…有機汚泥を用いて、高カロリーな石炭代替燃料を製造する技術」「三菱ディスクセパレータ」。

出展社概要
三菱化工機は昭和10年の創立以来、日本の化学工業の発展と深く係わりを持ちながら、常に時代のニーズに対応した装置・設備の納入を通じて産業界に貢献してきました。この度ご紹介しますバイオマス関連装置は、昭和30年代に取り組みに着手の環境関連技術で培われた技術をもとに開発されたものです。
所在地
神奈川県川崎市川崎区大川町2-1
URL

宮津市バイオマス・エネルギー地域協議会

京都府宮津市における、日本初の「竹」を利活用としたバイオマスガス発電の技術実証を紹介します。

京都府宮津市では、バイオマスタウン構想の中核となる最先端施設として、日本初の「竹」を利活用としたバイオマスガス発電の技術実証を行っています。事業を通じて、川上にあたる竹の伐採搬出から、川下のカスケード利用までのサプライチェーンの確立を目指しております。今回はこれらの取り組みを紹介します。京都府宮津市における最先端の取り組みにご注目ください。

出展社概要
宮津バイオマス・エネルギー事業地域協議会は、農林水産省「地域資源利用型産業創出緊急対策事業」を受け、京都府宮津市自治体ならびに地域森林組合、京都府内外の民間企業などで組織されています。
所在地
京都府宮津市字柳縄手345-1 宮津市役所 企画環境室内

(株)メイズ/メッセンジャー・スケープ(株)

【有用生物の分子育種に適用】DNAマイクロアレイが作れなくても高精度な網羅発現解析はできます!

HiCEP法を用いた精度の高い網羅遺伝子解析サービスを紹介します。遺伝子配列情報の少ない生物でも網羅的な遺伝子発現量解析が可能であり、測定結果に曖昧さはありません。代替的に近縁種のDNAマイクロアレイを使用する場合に比べ、正確な測定ができます! これまで実施した色々な生物種の解析例などもご案内します。

出展社概要
ITでバイオテクノロジーを支援する株式会社メイズと日本発の高精度で網羅的遺伝子発現解析手“HiCEP”を用いた遺伝子解析サービスを提供するメッセンジャー・スケープ株式会社が共同出展いたします。有用生物の遺伝子情報を研究材料される研究を支援します。
所在地
東京都渋谷区幡ヶ谷3-20-2TSビル101
URL

矢崎総業(株)

木質バイオマス循環事業と木質ペレット消費機器の紹介。

林業の活性化を図りながら、森林の整備・保全とCO2の削減を進めています。具体例としては、高知県梼原町において、間伐材や製材所の端材などの未利用材をペレット化し、燃料として活用することで森林資源の循環利用を目指す、木質バイオマス循環モデル事業を展開しています。また、木質ペレット消費機器として、木質ペレット焚冷暖房システムと木質ペレット焚ハウス用温風機を開発しましたので、こちらも紹介します。

出展社概要
木質ペレット焚き冷暖房システム、木質ペレット焚きハウス用温風機、ソーラーシステム、ガス/石油焚き・排熱/温水式の冷暖房システムの開発、製造、販売、設計・施工、メンテナンスなどを行っています。
所在地
静岡県浜松市南区東町740
URL

(株)山本製作所

高い機能性と安全性を実現させたペレットストーブとハウス暖房機を森林県山形から全国へ展開中!

カーボンニュートラルを実現し、温暖化ストップに貢献する商品として、木質ペレットを燃料とするストーブとハウス暖房機をパネル展示します。これらの商品の特長は、石油燃焼機器並みに高い安全性を確保しつつ、タイマーによる自動運転や独自の制御方法により燃料に合う最適燃焼を実現した点です。ぜひ、弊社ブースにお立ち寄りください。

出展社概要
93年の歴史をもち、山形県東根市を本拠地とし、農業・精米・環境の3つの分野を基軸とした商品を製造販売しています。中でも主力商品である穀物用乾燥機のシェアは、業界1です。ここ最近では、リサイクルの一環を担う発泡スチロール減容機や今回展示するペレットストーブなどの環境関連の普及に力を注ぎ、業界での基盤を確立しています。
所在地
山形県東根市大字東根甲5800-1
URL

(株)LIHIT LAB.

ファイルの素材にバイオマス素材を使用することで、温室効果ガス(CO2)の削減に貢献します。

LIHIT LAB.のバイオマスシリーズ商品は資源米(国産資源)とポリオレフィンを合成した素材を使用。資源米を使っている分だけ石油資源の利用を削減し、温室効果ガス(CO2)の排出を抑制するカーボンニュートラルの考え方から、バイオマス素材を使用することでCO2削減に貢献します。地球温暖化対策が叫ばれる昨今、バイオマス素材は有効な手段です。従来のバイオマス素材はコスト面がネックで普及に結び付かないというマイナス面がありました。今回のお米を使ったポリプロピレンは、比較的低コストで生産可能というメリットがあり、エコロジー&エコノミーを両立できました。

出展社概要
昭和13年に創業して以来、事務の合理化・省力化・近代化に必要な各種オフィスツールの開発を通して社会に貢献すべく、今日まで邁進してまいりました。常にユーザーニーズをとらえ、情報文化の一端を担う新商品の開発に努め、事務用品総合メーカーとして着実に歩み続け、マーケットを拡大しております(1991年にリヒト産業からLIHIT LAB.へ社名を変更)。
所在地
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-22
URL

NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク

持続可能で適切なバイオマス利用についての調査研究、情報提供、情報交換の場の提供など。

国内外のバイオマスの政策、状況、トピックス、企業や地域の取り組み動向などを簡潔にまとめたバイオマス白書2010小冊子版およびバイオマス白書バックナンバーの無料配布、持続可能なバイオマス利用についての展示、バイオマス関連の書籍販売などを行います。

出展社概要
全国・海外への展開、木質・農産物・メタンガス・マテリアル利用などバイオマス利用のすべての分野を網羅し、個別技術から社会制度・持続可能性基準まで包括的に考察。会員は企業・自治体・官庁・学術・NPO・市民・マスメディアなど、多岐にわたるネットワークを構成しています。
所在地
千葉県柏市しいの木台3-15-12
URL

だんだんボックス実行委員会

「アートと福祉、地域活性化、経済活動」を結びつける新しい商品、「だんだんボックス」です。

障がいを持ちながらも、素晴らしい絵の才能を持つアーティストたちの作品が、人から人へと贈るダンボールの「箱」になって、地域の名産やプレゼント、企業の商品など、人の思いを「ありがとう※」の気持ちで包み、全国へ移動する、今までにない試みです。(※「だんだん」は、江戸時代に京都で生まれ、西日本の一部に残る方言で「ありがとう」の意味です)

出展社概要
持続的な経済活動としてしっかりと成立することが、コンセプトです。自らが経済活動をともなって社会参加することにこそ、誰にとっても真の生きがいがあると考え、それがだんだんと広がるように応援するプロジェクトです。
所在地
福岡県福岡市中央区渡辺通2-8-12-602
URL

大連日本環境産業テクノパーク

日本のハイテク環境技術関連企業誘致に力を注いでいます。

「大連日本環境産業テクノパーク」は、中国政府が日本との中小企業分野の経済交流促進のために、国家級の経済技術開発区に整備することを定めたもので、「日本中小企業産業テクノパーク」としての位置付けを有する「大連日本中小企業産業テクノパーク」の一翼を担っています。大連日本環境産業テクノパーク(以下JEP)は、国際的新型環境省エネ産業テクノパークを作ることを目標に、日本のハイテク環境技術関連企業誘致に力を注いでいます。JEPは世界的な産業の分業化に対応して、これまでにない統合型業務サービスシステムを創りあげ、入居企業に対する事前の市場調査、生産から販売までのトータルなマーケティング活動をサポートします。同時にJEPはテクノパーク外の企業に対しても生産プラットフォームの提供を行い、従来の考えを覆す総合支援型テクノパーク構想を目標に掲げるなど、アウトソーシングサービスを中心に据えた全く新しいテクノパークモデルを作り上げます。

出展社概要
持続的な経済活動としてしっかりと成立することが、コンセプトです。自らが経済活動をともなって社会参加することにこそ、誰にとっても真の生きがいがあると考え、それがだんだんと広がるように応援するプロジェクトです。
所在地
中華人民共和国 遼寧省 大連市西岡区中山路147号 大連森ビル12F
URL

月刊環境ビジネス

企業・自治体の環境推進の具体策を提供する専門ビジネス誌「月刊環境ビジネス」。

国内外の動向に注目し、環境推進の実務に役立つ事例・ノウハウ・助成・技術・法令などの情報を提供しています。創刊12周年、環境雑誌のパイオニア「月刊環境ビジネス」の定期購読のお申し込みを承ります。

出展社概要
「月刊環境ビジネス」の発行やWebサイト「環境ビジネス.jp」の運営、メルマガ「週刊環境ビジネス」の発行など環境推進の実務に役立つ情報を提供しております。
所在地
東京都新宿区高田馬場1-25-30
URL

産業情報センター社

製品にカーボン・オフセットしませんか? 保有する設備を利益に換える運営に欠かせない1冊も紹介。

各社のバイオエネルギーの情報。植物工場向けの製品情報。カーボンオフセット J-VER制度登録サービス事業。設備マネジメント「ファシリティ・マネジメント」ハンドブックの紹介。

出展社概要
書籍やカタログの電子化。新顧客獲得に向けての支援業務。製品に付加価値を付けるJ-VER、カーボンオフセット申請サービス。CO2削減排出権取引代行窓口業務。海外展示会出展代行、輸送。各社に合ったオリジナルのセミナー構築で販売促進。170万件の顧客データをもとに販売助成支援。
所在地
神奈川県横浜市西区平沼2-2-2
URL

日経BP社

環境分野の好評記事をまとめた「日経バイオテク特別編集版」を無料でプレゼント!

バイオの総合情報誌「日経バイオテク」は、バイオの研究やビジネスに携わるプロの方に支持され続け、来年で創刊30周年を迎えます。当ブースにお立ち寄りいただいた方全員に、環境分野の好評記事を1冊にまとめた「日経バイオテク特別編集版」を無料で差し上げます。ぜひ、この機会に日経バイオテクの情報力をお確かめください。

出展社概要
経営と技術と生活の先端情報を多様なメディアを駆使して提供する出版社。雑誌・書籍・ムックなどの出版事業、専門サイト・メール配信などのインターネット事業と、展示会・セミナー事業を中心として、先端情報を提供。
URL

(株)環境新聞社

最新刊「循環型社会の廃棄物系バイオマス」等の書籍販売、環境新聞の特集掲載紙の無料配布を行います。

本展示会の特集記事が掲載された「環境新聞10月17日号」を見本紙として無料配布します。また、最新刊「循環型社会の廃棄物系バイオマス」(税込2,625円)をはじめとした、弊社発刊の環境関連書籍を多数販売。併せて、弊社にて事務局を行っている「全国環境ビジネス企業連合会」のご案内も行います。

出展社概要
環境新聞社は、今年で創刊46年目となるわが国唯一の環境総合専門紙の「環境新聞」や、下水道や高齢者福祉などをテーマにした媒体を発行しています。
所在地
東京都新宿区四谷3-1-3 第一富澤ビル4F
URL


Copyright © 2010 EcoDesign Inc. All rights reserved.